タトゥーの除去について色素レーザー

タトゥーの除去について

タトゥーを除去することは、今ではそれほど難しいことではありませんし、タトゥーを除去する事を想定した専用のインクも開発されています。タトゥーでも除去しやすいものとそうでないものとあり、また、施されている場所によっても除去の難易度が左右されます。タトゥーの除去には、タトゥー部分を切開で除去し、体の他の部分の皮膚を移植術するなど自家移植法などがあります。

タトゥーと言うより日本の入れ墨のように広範囲で、多色が使われている場合は仕上がりは皮膚の違いもあってキレイとは言いがたいですし、広範囲になれば、自分の皮膚では間に合わない場合もあって最近ではあまり聞かないタトゥー除去方法と言えます。

小さなタトゥーであれば、以前は簡便な方法として切除縫合術が行われていましたが、この方法も小さな入れ墨に限られ、切り取って縫い縮める方法のため、仕上がりはかなり傷跡も残り醜く、最近ではほとんど用いられないタトゥーの除去方法です。

最近の切除手術による方法は、メスの代わりにレーザーメスを使った切削手術で、これも小さなタトゥーに限られたも方法ですが、縫い合わせの部分の仕上りが多少良いというだけで、タトゥーの部分を削り取ると言う意味では、以前とものと大差ありません。

色素レーザー

タトゥー除去方法の現在の主流は色素レーザーによるレーザー治療ですが、単色を使ったタトゥーの除去の場合はかなり有効です。しかし多色を使ったタトゥーの場合は、色ごとにレーザーを変えなければならず、タトゥーの色素を種類ごとにとばしていかなければならず、手間のかかる方法と言えます。

もっともポピュラーなタトゥーの除去方法としては、色素レーザーによる治療で、多くの美容外科や皮膚科などでは色素レーザーが使用されていますが、色素レーザーを使ったタトゥーの除去方法は、いわば皮膚を温存してタトゥーの色素のみ除去するものといえます。これは皮膚への負担が少なくて、治療跡も他の方法と較べてきれいに仕上がる事から普及していると言えます。

レーザー治療でも単色のタトゥーであれば問題なく綺麗に除去出来ますが、大きなタトゥーや多色のタトゥーの場合は、タトゥーの色素が深くまで浸透していると取りきれない部分が残ってしまったり、色むらが起きたりと、仕上がりにムラが出来てしまいますから、医師のスキルに負うところが大と言えます。

さらに色素レーザーでタトゥーの除去を行う場合でも、治療が一回で終わるという事は少なく、タトゥーを全て除去するには深さ、色ごと治療を行ない、傷の回復を待って約1ヶ月おきに、最低数回の治療が必要になります。