シュタイフテディベアについてシュタイフテディベアの製造工程

シュタイフテディベアについて

シュタイフテディベアは、女性なら・・特にテディが大好き、という方には知らない人がいない、というくらい、有名なぬいぐるみの会社です。世界で一番有名なテディを作るブランドではと思います。1880年にドイツで誕生したシュタイフは、ぬいぐるみのブランドでも、有名なところは海外にたくさんあります。


シュタイフはこれほどの知名度を持っていて、今も尚、お子さん、女性、お母さん、マニアからかわいがられているテディはいないでしょう。耳にボタン。これがシュタイフテディベアの特徴。子供には最良のものを、というのが、創立者のマルガレーテ・シュタイフの思いなのです。子供だからこそ、本物、良い品質物を与えなくてはならない、という考え方なのですね。


他のぬいぐるみと比べると、確かにお値段は高いです。でも、だからこそ、子供が長く愛することが出来る耐久性もあるのです。さて、シュタイフテディベアといえばボタン・イン・イヤーですね。世界で一番古いトレードマークが、このボタン・イン・イヤーなのですって。タグを見てみましょう。


シュタイフテディベアのボタン・イン・イヤーには色があります。黄色タグ。白タグ黒文字。白タグ赤文字。これ、意味があるのです。黄色タグは定番の商品につけてあります。白タグは、シュタイフでも、限定商品レプリカです。シュタイフは、ミュージアムコレクションがあるのですが、そのレプリカに、この白タグ、黒文字が多いそうです。


白タグに赤文字、というと、これも限定商品ですが、オリジナル芯品で、地域を限定して作られ販売された、というものです。シュタイフテディベアには、ジャパンテディがいますが、このジャパンテディが、この白タグに赤文字、というタグをつけています。

シュタイフテディベアの製造工程

シュタイフの公式ホームページを見ると、このシュタイフでどのような工程で、ぬいぐるみが出来上がるか、ということを画像によってみることができます。デザインから型紙、思索、型やレイアウトの調整、抜き型、テスト縫製、詰め物、調整、縫製、目をつける、表情を作る、ボタンイヤーとつける、こういった全工程が、手作業!だからこそ、本当に愛着のあるシュタイフテディベアが出来上がるのですね。


シュタイフテディベアは、たくさんの方に愛されています。小さいお子さんに調度いいソフトタイプのシュタイフテディベアは、ジョイントパーツのないものは、洗濯機で洗うことが出来る、というものです。小さいお子さんに、長く、風合いよくシュタイフテディベアを使って欲しい、ということで、こういった洗濯機洗いが出来るようになっているのですね。一生の宝物にして欲しいのがシュタイフテディベアなのです。