グッチのキーケースの思い出グッチは若い子には似合わない?グッチについて

グッチのキーケースの思い出

GUCCI(グッチ)のキーケースは品質が高く、大人の女性に使用して欲しいと思います。種類も豊富で様々な形やカラーがあります。女性にも男性にも良いものがたくさんあります。


20代くらいのときには、あまりキーケース、というものを意識したことはなく、頂いたものなどを使っていたのですが、結婚して家を買い、新しい鍵をつける、という時に、ちょっとキーケースでも買ってみるかな?と思っていました。


ですが、新築祝いの際に、私の友人が、私と主人に色違いのグッチキーケースを贈ってくれたのです。私は茶色で、主人は黒のグッチのキーケースでした。6連のキーケースで、非常に役に立ちましたね。


会社の鍵と、家の鍵、車の鍵が主人と私のもの両方、それに、裏のドアの鍵、鍵って結構あるのですよね。あまり高いものや変わったものはいらないと思いますけど、ある程度の年齢になったら、それ相応のものをもちたいな、という気持ちがあったので、とても嬉しかったです。

グッチは若い子には似合わない?

グッチキーケースを最近は、高校生あたりでも持っています。他にもシャネルのキーケースをなんて生意気なというか似合いません。何かあるバイトでもして購入したかもしれないですが、やはり若い子には、若い子に似合うデザイン、そして金額、というものがあると思います。


お嬢様、お坊ちゃま、という方であれば、なんでもない金額で、小さい頃から、ブランド品に囲まれているでしょうから、仕方のないことですが、アルバイトまでして購入するとか、彼氏に頂く、というのはどうでしょうね。


だって、すねかじりでしょ。まだいっぱしの社会人にはなっていないのですから、グッチのキーケースなんて使うのは、非常に不自然という気がします。外国のお友達が日本に来てまずびっくりしたのが、高校生など学生が、ブランド品を持っていること。


こんなにお嬢様が多いのだ、ということを思ったそうです。ハイスクールの学生さんでブランド物を持っている、実につけている、というのは、本当にお嬢様だけ、ということなのですね。もっと若々しくて、リーズナブルのもが好まれるし、そんな高いもの、贈り物にするなんて、彼らは結婚の約束でもしているのか?といってびっくりしていました。


そう、グッチキーケースなどのブランド品を自分で稼ぐこともない学生が持っている、ということはありえないのですよ。こういったブランド品は、学生のときに憧れをもち、いつか自分でこういったブランド物を購入できるようになるぞ!と頑張ることが大切なのです。

グッチについて

グッチは世界でも名高いブランドのひとつです。中でもバッグや財布などはグッチの商品の中でとても人気があります。1922年、イタリアのフィレンツェでグッチオ・グッチにより創設され、オリジナリティ溢れる高級な皮革製品を作りブランドとしての地位を確立していきました。


また、革製品だけに止まらずグッチは創造性豊かな感性で香水や貴金属などの製品も作ってきました。創業当時のグッチは何度も危機に見舞われます。この時代は国内内外の政治情勢などから革が入手しづらい時期もありました。


しかしグッチは革以外の素材を利用したり、様々なアイデアを製品に生かしていきます。グッチの製品はセレブたちにも愛用されハリウッドスターたちもこぞってグッチのバッグやアクセサリーなど身につけていました。


1994年にはグッチのデザイナー、トム・フォードによる斬新な革製品が話題となり多くの人々がその華麗さに憧れグッチの名はますます世界に広がる事になります。グッチは現在でも進化を続けるブランドとして伝統を守りながら新しい考えも取り入れ多くの品を世に送り出しています。