クラミジア検査クラジミアの原因と症状検査方法治療

クラミジア検査

クラミジア検査を受けたことがある、もしくは考えたことがあるという方はどのくらいいるでしょうか。日本での性感染症の中で最も多いといわれているこのクラミジアは、検査によって簡単に感染しているかどうかが分かるそうです。


クラミジアというのは細菌によって引き起こされる病気で、男女関係なく多くの人が感染する可能性があります。同じ性病ではエイズ(HIVまたはAIDS)というものが代表的ですが、危険度も認知度もそれに比べれば少ないためにクラミジアの検査を受ける人は少ないそうです。


性病の検査ということで恥ずかしい気持ちがある方もいるかもしれませんが、自分の将来のためだけでなくパートナーである人にも迷惑をかけてしまうかもしれないですからきちんと検査しておくべきです。


クラミジアの検査をしてみて、実際にクラミジアに感染していると分かった時にも少し注意が必要です。性病であることから相手が感染していると考えるのが普通なのですが、クラミジアの場合は相手が現在も感染しているかどうかが分からないのです。

クラジミアの原因と症状

クラミジアの原因は細菌によって引き起こされるのですが、この細菌は抗生物質によって退治することができるのです。そのため、クラミジアのための治療でなくても風邪や怪我の化膿などで抗生物質を服用していた場合に一緒に治療されてしまう場合があります。


クラミジアというのは、細菌に感染していても自覚症状が出にくい病気らしく多くの人が気づかずに過ごしている危険があるそうです。しかし、自覚症状があまり無いからといってそのままにしてしまうと、男女どちらも最悪の場合子供ができなくなってしまうかもしれない病気なのです。ですから自分だけが感染している、もしくは相手だけが感染しているということも十分ありえることですから気をつけましょう。

検査方法

クラミジアの検査は非常に簡単で、健康診断で行うような尿検査によって判別することができるそうです。最近では、わざわざ病院に行かなくてもクラミジアならば性病検査キットが薬局などで販売されていますし、インターネットなどによる通販で取り寄せることもできます。なので恥ずかしくて薬局で買うのがためらわれるという人はこちらの方も考えてみてください。

治療

もしも検査によってクラミジアに感染していることが分かっても、2週間ほど薬を飲むだけで治療することができますからできるだけ早めに治療するようにしましょう。どのような病気でも早期発見、早期治療が一番いいことです。相手のことを本当に思いやってあげるならば自分から相手に検査を受けるよう促すのが本当のパートナーというものではないでしょうか。