千歳空港の駐車場料金駐車場の比較駐車料金の競争

千歳空港の駐車場料金

千歳空港の駐車場は北海道の空の玄関として、利用者の便宜を図るという意味では、格安な価格設定で、羽田空港などより1/2以上安い格安設定で、4日目以降は1/3になるなど、その利用料の安さは目を見張るものがあります。


しかし札幌から45キロとはなれていることや、リムジンバスや鉄道のインフラが完備されている事もあり、駐車台数はA駐車場で1,450台、B駐車場で1,815台とあわせても3,265台と、案外少ない駐車台数と言えます。


千歳空港は国内線の航空路線は増加傾向にありますが、国際航空路線においては休止する路線が相次いでいて、一見国際路線が少なくなっているように思えますが、実は成田空港などの国際空港をハブ空港として、千歳空港からコードシェア便と言われる共同運航される乗り継ぎ便が多数運行されています。


そうした成田空港などを経由して海外渡航を行う旅行客や、海外からの旅行客も多数利用しています。それに伴ってある程度千歳空港の駐車場の稼動率も一定のレベルを維持して、キャパシティも妥当な範囲に収められていると言えます。


千歳空港の機能としては航空貨物便などの給油拠点としてその重要性を高めていて、世界的な航空貨物のネットワークの一端をになっていますから、物流の空の拠点といえる空港と言えます。

駐車場の比較

千歳空港と民間の駐車場を比較してみましょう。千歳空港の駐車場が安いといっても、民間の駐車場業者はどこの空港でもいるもので、正式な許可を受けて行なっているものや、そうでないもの色々な業者がいます。それぞれの駐車場を比較してみるとそれなりに競争もあるようで各駐車場により価格の違いなどはあるようです。


ただ千歳空港の駐車場でも民間駐車場の場合、駐車サービスだけでなく、洗車やペットのお預かりサービスなどを行っている所もあります。特にペットのお預かりサービスはペットを置いて旅行される方には便利なサービスと言えます。


ペットお預かりサービスで気になる事は、ちゃんとペットの面倒を見てくれているかと言う事ですが、最近は携帯電話を使ったテレビ電話に対応したサービスや24時間監視は当たり前で、冷暖房完備の部屋にドックランまで用意されていて安心と言えます。


更に一日に最低2回は散歩をさせて、外で排泄させるようにしていますし、ペットフードも用意していますが、いつも食べているフードなどは止したほうが良いでしょう。また出発直前まで一緒にいられて、到着してすぐ会えると言うことも見逃せないメリットです。


駐車料金の競争

千歳空港の駐車場にも民間の業者がたくさんありますから、競争は激しいようで、駐車料金の価格自体、空港内の駐車料金と大差ないものの、あの手この手を使って他社との差別化を図っています。それぞれの駐車場をよく比較して安くてサービスの行き届いたところを見つけましょう。