アンテプリマのワイヤーバッグ 人気の秘密アンテプリマについてイントレッチオを採用

アンテプリマのワイヤーバッグ 人気の秘密

アンテプリマのワイヤーバッグは、ヒット商品の代表であり、アンテプリマを語る上で外せないアイテムと言えます。アンテプリマのワイヤーバッグは、レザーとワイヤーの異質な素材を組み合わせながらも、絶妙なカラーリングとデザインで独特の雰囲気を演出したものです。


ワイヤーの飾りや金具類の使い方は、使い勝手を考慮して効果的に配されおり、ただデザイン性を追い求めているだけのものではありませんし、金属を使ったからといって冷たさを感じさせない、女性デザイナーならではの、繊細な仕上げはアンテブリマの特徴と言えます。


アンテプリマを一躍人気ブランドに押し上げたのは、他でもないワイヤーバッグですが、まさに東洋とイタリアのバッグの融合と言えるもので、竹籠を編むように金属製のワイヤーに樹脂コーティングして、手編みのようなバッグ仕上げたあたりは、東洋的な発想です。そうした発想をもとにバッグだけでなくファッション全般にまでアイテムを拡大していっています。

アンテプリマについて

アンテプリマは1972年に創設されたフェニックス社の傘下のブランドで、スタートは1993年ですが、フェニックスの社長萩野正明氏の奥さんである萩野いずみ氏をクリエーティブ・ディレクターになって始められたブランドです。


1995年には香港にあった拠点をイタリアのミラノに移し、2001年には伊藤忠とライセンス契約のもと、日本でも販売されるようになり現在に至っています。そう言う経緯がアンテプリマを海外のブランドと思っている人も負いはずです。


2007年からは、アンテプリマはブランドを強化する目的で、アンテプリマジャパンが設立され直営店形式の販売チャンネルが確立されアンテプリマのワイヤーバッグが大々的に販売されていきましたが、既に国内でも20店舗以上になっていて、アンタプリマのワイヤーバッグをはじめ、アパレルからからシューズ、アクセサリーなどまで、幅広いファッションアイテムを扱うようになっています。

イントレッチオを採用

最近のアンテプリマのワイヤーバッグのバリエーションは、更に拡大し毎年のように新作が発表されていますが、イタリアのレザーバッグのトレンドのイントレッチオ(編み込み)を採用したものまであり、いろいろな可能性が試されています。


アンテプリマを、イタリアのブランドとして見るべきかデザイナーの萩野いずみ氏による日本のブランドと見るべきなのか迷うところです。少なくとも日本のブランドとするにはアンテプリマのデザインはイタリアやアジアのの工芸技術無くしては語れなくなっているのは事実です。そう言う意味ではイタリアや日本のブランドと規定できないほどコスモポリタンなブランドになっていると言えます。